創業100年・株式会社 唐津鐵工所

平成21年(2009年)4月に創業100年を迎えた時のメッセージ

明治42年(1909年)に、この唐津の地で創業して以来、唐津鐵工所は満100年を迎えました。一口に100年と言いましても、その歴史は2つの世界大戦をはさんで多くの苦難を乗り越えてきた並大抵ならぬ歩みでもありました。今日めでたく100周年を迎える慶びを社員ともども分かちあえるのは、何と言ってもお客様に恵まれたこと、このことなくしては何物も有りえないのですが、いま一つは「ありがたきかな先輩」の言葉に象徴される、創業以来の諸先輩方の努力と精進のおかげであると痛感し、感謝しています。創業者である竹内明太郎、そして初代社長である祖父・竹尾年助、2代目社長の父・竹尾彦己、さらに多くの優秀な社員たちの中に連綿と受け継がれてきた「用うるに利有るをつくり、売るに利有るものを追わず」という創業の理念こそが、100年間ブレない唐津鐵工所の屋台骨を支えてきたものと確信しています。
また、その理念を形にする伝統の技術を培い、当社の根底に脈々と流れて、国内外の工作機械業界において独自の地位と"KARATS"ブランドを確立してきたものが、"こだわりのモノづくり"です。経営トップはもちろん、現場の設計、機械加工、組立の一人ひとりの社員に至るまで、もっと良いものをつくろう、お客様の要求に応えようという、常に妥協しないワークマンシップです。私たちはその思想と文化を未来へ受け継ぐものとして、さらに技を研ぎ澄まし、感性を高めて、お客様の夢を叶える機械づくりを続けていきます。

これ迄同様に、唐津鐵工所が得意とする大型・超大型の横軸の旋盤、研削盤と歯車加工機械に特化した明確な事業スタンスのもとで、世界のマーケットで高く評価される優れた製品づくりに取り組んでまいります。今日、経済のグローバル化時代を迎えて、工作機械業界においても、ますます競争が激化してくることが予想されます。そうした中にあっても、私たちは100年の歴史と伝統というかけがえのないアドバンテージを活かし、諸先輩から受け継いだスピリットと技術のもとで、社員一同、果敢に次の100年への新たな扉を開いていく所存です。
長らくご愛顧いただいている多くのお客様に心から感謝申し上げますとともに、決意を新たに次の100年をめざしてチャレンジを続ける唐津鐵工所に、これからも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
代表取締役社長 竹尾啓助

6月21日に100周年を記念した「創業100周年の集い」を開催しました。第1部は、安田工業株式会社会長・安田之彦氏を迎え、記念講演を開催。
第2部は、DVD鑑賞、歌あり謡曲ありの楽しい懇親会となりました。

創業100周年を記念し創業者・竹内明太郎の銅像を建立

会社の更なる発展を期す、再生の桜

OB社員を交えて、貴重な話を聞く事ができました。
対談の様子は記念誌に掲載しています。

社内に残る歴史的資料を再発見し、記念のポストカードにしました。

100周年の記念誌をつくり、社員揃って記念写真を撮影(左:唐津工場 右上:東京営業所 右下:大阪営業所)

Copyright (C) Karats Precision, Inc.