株式会社 唐津プレシジョン

日本語

ENGLISH

企業理念

歴史と伝統は力。そして品質はこだわり。

“KARATS”のブランドで知られる唐津プレシジョン。その歩みは、わが国における工作機械の歴史そのものと言っても過言ではないでしょう。明治42年(1909年)の創業以来、先人が築いてきた歴史と伝統を受け継ぎながら、100余年の永きにわたり、ほとんど工作機械一筋に製作してまいりました。「用うるに利有るをつくり売るに利有るものを追わず」という創業の理念のもと、顧客本位と品質第一に徹して、伝統の技術に魂をこめて生み出しています。この100余年の歴史を支えてきたものは、ひとえに弊社の根本理念として全社員の意識の底流に脈々と流れる、“こだわりのモノづくり”精神といっていいでしょう。お客様に使って喜んでいただき、満足される機械を提供すること。そのために、性能・精度・使い良さのすべての面において、要求に100 %近づける努力を惜しまない精神。唐津プレシジョンが蓄積してきた技術・経験とスピリッツを存分に駆使して、求められる最高の製品を提供することが弊社の使命であると考えています。

竹尾啓助こうした弊社のモノづくりへのこだわりと、その成果として生まれた製品が、永年にわたって顧客の信頼を獲得し、市場での“KARATS”ブランドの評価となって定着しています。そしてそれを支えるものが、わが国における工作機械製作のパイオニアとしての弊社の技術と技能です。過去約50年で数値制御技術は長足の進歩を遂げましたが工作機械の原理・原則は100 年間、大きくは変りません。しかし、細部に至る設計や機械工作、組立においては、各メーカーによる違いや持ち味が顕著に出てきます。大枠は同じでも、伝統と歴史に基づいた差が出てくるのです。弊社には、100余年にわたる経験の蓄積があります。積み重ねた設計技術のうえに、肉付けしていく機械加工と組立の技能こそが、弊社の誇るべきものであると確信しています。

唐津プレシジョンは、現在おもに大型・超大型の横軸の旋盤、研削盤と歯車加工機械を製作しています。かつては工作機械のほとんどの品種を製作していましたが、独自の強みを活かしながらこれらの機種に特化して来ました。これら製品はいずれも強力・高精度で、ユーザーの高い評価を獲得し、今日“KARATS”は、世界の有力ブランドの地位を確立しています。また近年はギアスカイビングを含むギアテクノロジーの更なるレベルアップと、クランクシャフト旋盤・研削盤、大型ターニングセンタなどの新製品の開発にも力を注いでいます。今後はさらに、HIGH PRECISION(高精度)をキーワードに、ミクロン単位の精度を追求し、工作機械に求めるお客様の夢の実現へ向けて努力を重ねていきます。しかし、こうした“こだわりのモノづくり”も、偏に人材あってのことです。創業以来、連綿と受け継がれてきた“人づくり”への情熱を今後も絶やすことなく、同じモノづくりへのこだわりを共有できる人々とともに、工作機械の夢の実現に向けて取り組み続けてまいります。

尚、弊社は大正5年(1916年)の会社設立から100年にあたる平成28年8月10日に『唐津鐵工所』から『唐津プレシジョン』への商号変更を実施いたしました。正確・精密・高精度への関わりを使命として更に邁進する決意です。

代表取締役社長 竹尾啓助