株式会社 唐津鐵工所

日本語

ENGLISH

沿革

創業以前(明治40年頃迄)

土佐の人、竹内明太郎の父・竹内綱は、明治19年来唐津市郊外の芳谷炭坑のオーナーとして君臨しつつも、経営の実務と炭坑関連事業は長男・明太郎に委ねていた。
竹内綱と炭坑をあしらった社用絵葉書や会社案内が保存されている。

社用絵葉書
社用絵葉書

創業当時の会社案内
創業当時の会社案内

創業期(明治末期)

竹内明太郎は炭坑経営の傍ら、明治39年から機械製造事業の準備を始める。要員、設備が整い、生産を開始したのは明治42(1909)年4月15日。我が社の創業日とする。炭坑機械、船舶修理部品製造に次いで、本格的な工作機械製造に着手し、第一号製品、米国 Pratt & Whitneyモデルの14"スイング旋盤6台が完成したのは明治44(1911)年11月であった。

14インチスイング旋盤
14インチスイング旋盤

竹内明太郎
創業者 竹内明太郎

大正期

竹内鑛業株式会社 唐津鐵工所は、工作機械製造の実績により業界内地位を高め、大正4(1915)年には72"(1829mm)、 84"(2134mm)スイングの大型旋盤を完成。大型機メーカの地歩を築いた。
大正5(1916)年4月には竹内鑛業の手を離れ、株式会社 唐津鐵工所として独立。竹尾年助が社長に就任し、米国留学、就業の経験を駆使した合理的、近代的工場経営を推進した。

72インチスイング旋盤
72インチスイング旋盤

竹尾年助
竹尾年助

昭和初期

経済恐慌と満州事変に象徴される時代で、我が社でも大型、小型の多彩な機種を製作。高い評価を得て軍工廠や造船所に多数納入された。超大型の代表例40フィートポータブルフェーシングマシンは、昭和6(1931)年に納入され、戦艦の巨大な砲塔を旋回させる船底の巨大なローラベアリングの座、最大径12,250mmを加工した。後に戦艦大和・武蔵等のために44フィート型が4台製造され呉工廠等に納入された。軍本部との密接な連携を要求され、昭和4(1929)年12月に本社を唐津から東京丸の内ビルディング内に移した。

8Ft×8Ft×20Ft プレーナー
8Ft×8Ft×20Ft プレーナー

7Ft ホブ盤
7Ft ホブ盤

当時の丸の内ビルディング 当時の丸の内ビルディング

昭和20年迄

業界内地位は一段と向上し、5大メーカに数えられ、国力を賭した軍備競争の中、特に大型・超大型工作機械と歯車加工機械の分野を担った。戦艦大和・武蔵の口径46cmの主砲の砲身(孔)を仕上げる巨大なガンボーリングマシンは、象徴的製品である。そのスケールと最高度の軍事機密ゆえ、全て最高機密の下に行なわれたため、図面や写真は社内に一切残されず、現地における総合組立も、全て工廠の手により行なわれた。

戦艦大和の砲身中ぐり加工(CG)
戦艦大和の砲身中ぐり加工(CG)

戦艦大和の建造中砲塔(CG)
戦艦大和の建造中砲塔(CG)

CG画像は、双葉社発行の
超精密「3Dシリーズ33 大和誕生」より

12Ft×9Ft×28Ft プラノミラー
12Ft×9Ft×28Ft プラノミラー
(“第2回 歴史的価値のある工作機械の顕彰”
ベストテクニカル賞受賞機)

最終艤装中の大和 最終艤装中の大和
(資料提供:大和ミュージアム)

昭和40年迄

敗戦から昭和40年迄の工作機械業界は軍需から民需への大転換に呻吟した一時期を終えた後は、高度経済成長による民需の勃興を謳歌した20年間だった。 昭和30年9月、竹尾彦己社長就任。
昭和36年4月21日には、昭和天皇・皇后両陛下の工場視察行幸啓の栄に浴した。

26.5' &40' エクステンション型立旋盤
26.5' & 40' エクステンション型立旋盤

竹尾彦己
竹尾彦己

1100×5000 ロールグラインダ 1100×5000 ロールグラインダ

昭和末年迄

昭和40年不況、第一次オイルショック、人員整理,数値制御(CNC)による技術革新、海外市場への進出など、様々な課題と直面しつつ、一進一退の様相の中で、ゆるやかな企業成長を遂げた。製品の100%がCNC化した事と輸出比率の拡大が特筆される時代であった。この間、大型・超大型CNC旋盤、CNCロール研削盤、CNC歯車加工機に特化する戦略を推し進めた。

L-35N型3,500×10,000 CNC タービンロータ旋盤
L-35N型3,500×10,000 CNC タービンロータ旋盤

GSM-12N型CNC 歯車形削り盤
GSM-12N型CNC 歯車形削り盤

平成元年から今日迄

日本経済の失われた10年に引きずられる如くに、業界も我が社も苦境の嵐に見舞われたが、後に回復に転じ、力強い回復と拡大の途を辿った。超精密、高精度、複合加工の技術開発が主流となり、我が社の製品もこの流れに沿って改良を続けている。精密整形研削技術を開発し、この分野の新製品がラインに加わった。
平成6年6月、竹尾啓助社長就任。
最新の製品開発は、5軸制御大型複合加工機、リニアモータ駆動のクランクシャフトグラインダ、大型ホブ盤、高性能大型歯車形削り盤などを生み出した。2008年秋以来の世界的な不況の中で迎えた創業100周年(2009年4月15日)であったが、我が社の強みを一段と高める事を目的に大型工場を建設した。
更に2010年頃からギアテクノロジーの発展に特に力を注ぎ、中型ギアシェーパと小型、大型のギアスカイビングマシンの開発に成功している。

L-36N型CNC タービンロータ旋盤
L-36N型CNC タービンロータ旋盤

FGS-21N型CNC 歯車研削盤
FGS-21N型CNC 歯車研削盤

L-35HN型CNC旋盤
L-35HN型CNC旋盤

GH-120N型CNCホブ盤
GH-120N型CNCホブ盤

大型工場
大型工場

GS-80N型 CNC 歯車形削り盤
GS-80N型 CNC 歯車形削り盤

CG-8NX
CG-8NX オービット式クランクシャフトグラインダ

GS-70N
GS-70N ギアシェーパ

GSV-25N
GSV-25N ギアスカイビングマシン

平成28年8月10日商号変更

弊社の事業の中身をより正しく理解して頂くとともに、弊社の目指すところを更に的確に表現することを目的に会社設立100年に当たる時を機に『唐津プレシジョン』に商号を変更しました。
目指すところは
『正確・精密な仕事を行う企業』
『精密な製品を作る企業』


日本語ロゴ

英文ロゴ